Uber Eats配達パートナーは、エリア内で営業時間内であれば、
好きな時に好きなだけ宅配業務を行うことができます。

自転車便、バイク便、配達員等の仕事に興味のある方は、是非Uber Eats配達パートナーへどうぞ!

本ページでは、Uber Eats配達パートナーになる方法、条件、あると便利な物を紹介します。

 

Uber Eats配達パートナーに登録するための条件

登録に際して、特別な条件はありません。
次の2つの条件を満たしていれば、誰でも登録することができます。

  • 満18歳以上であること
  • 日本で就労が可能であること(外国人も登録可能)

外国人の場合は、就労ビザ等が必要です。

 

Uber Eats配達パートナーに登録するには

登録は簡単。

大まかな流れとしては

  1. Uber公式サイトで会員登録
  2. サイトの案内に従い、本人確認を行う
  3. サイトの案内に従い、最寄のパートナーセンターへ訪問してバッグを受け取る

以上になります。

こちらのリンクから登録を開始することができます。
Uber Eats配達パートナーに登録する

本人確認に必要な書類

自転車で宅配する場合は「プロフィール写真」と「本人確認書類」の2点が必要です。
原付や小型自動二輪車(125cc未満の自動二輪車)の場合は、
これらに追加で「ナンバープレートの写真」「自動車損害賠償責任保険の保険証写真」計4点が必要です。

軽貨物および125ccを超える自動二輪車の場合は、事業用ナンバーが必要になります。

本人確認書類は、公的機関が発行する次の物が認められます。
・運転免許証 ・パスポート
・マイナンバーカード ・住民基本台帳カード

いずれも、登録時に必要書類ごとに順番に案内が出て、
スマホであればそのまま撮影して、簡単に提出できるようになっています

心配ありません。登録は簡単です。今すぐ登録する方はこちら
Uber Eats配達パートナーに登録する

 

配達時に必要なもの、あると便利なもの。

配達時に必要な物のほか、あると便利なものを紹介します。

■ 必ず必要なもの

・配達バッグ

登録する際、アプリで案内が出ますが、
一度最寄のUberパートナーセンターに訪問していただく必要があります。
その際に、配達用バッグが支給されます。
配達時には必ずこのバッグを使用しましょう。

・スマートフォン

配達時に、地図やナビとして機能するほか、受注に必要な必需品です。
また、配達の時に何か困ったことがあった時には基本的に
”パートナーセンターに訪問した時に教えてもらう電話番号”
に電話をして指示を仰ぐことになりますが、この際にも必要です。

・配達車両

自転車かバイクになると思いますが、必ず必要です。
無い場合は、Uber Eats登録時にパートナーセンターへ行った時に「レンタルを利用したい」と申し出てください。
Uber Eats専用の特別プランのレンタル自転車(月額4千円~)を紹介していただけます。

 

■ あると便利なもの

・モバイルバッテリー

あると便利というよりは、ほぼ必需品です。
配達中に電池が切れると、面倒なことになります。

・パートナーセンターの電話番号のメモ(テレフォンカードの裏が良い)

配達中に交通事故や、荷崩れ、その他のトラブルがあった時は、
パートナーセンターに電話して、指示を仰ぐことになりますが、
例えばそのトラブルが「スマートフォンの破損」を伴うものであれば大変です

パートナーセンターの電話番号を、スマートフォンの電話帳に追加していてもスマートフォンが壊れれば確認できません。
なので、メモ等に電話番号を書いて持ち歩いたり、テレフォンカードの裏に電話番号を書いておくことを推奨します。

パートナーセンターの電話番号はフリーダイヤルで、公衆電話からも通話は無料ですが、
本体が緑色の公衆電話の場合は、お金またはテレフォンカードを入れないと番号の入力ができません。
(※通話後はお金が戻ります。テレフォンカードの度数も減りません。)

各地域ごとのパートナーセンターの電話番号一覧と、公衆電話からのかけかたはこちらの記事で説明しています。

【全国対応】Uber Eatsで配達中トラブルの連絡先(パートナーセンターの電話番号一覧)

・スマートフォンホルダー

スマートフォンを固定して、走行中でも確認できる状態にしておくと便利です。

【知っておくとお得!】
バイクの場合は、バイク屋で相談してバイクに合ったスマートフォンホルダーをつけてもらう他、
バイクからUSB充電ができる機器を設置してもらうと便利です。

・荷崩れ防止用タオル(2枚ほど)

Uberの配達バッグは大きく、隙間ができやすいので、
そのままでは配達時に荷崩れなどが起きる場合があります。
タオルで隙間を埋めるようにすると、リスクを削減できます。

・季節用品

夏場は汗が多くなるので、「汗拭き用のタオル」や
すべり防止手袋」があると安全性と清潔感を保つことができます。
日焼けに弱い方は「日焼け止め」「帽子」があると楽です。
冬場は、「カイロ」「防寒手袋」があると重宝します。

さあ!Uber Eats配達パートナーに登録しよう。

好きな時、あなたの自転車、原付バイクで配達を始めませんか。
今すぐ登録して、好きな時間に働ける環境を用意しましょう。