公衆電話からUber Eatsパートナーセンターに連絡する際に気を付けたい点

Uber EatsパートナーズウェブのRYOMAです。

Uber Eats配達パートナーでは、交通事故やスマートフォンの破損、
荷崩れ等のトラブルが発生した時、パートナーセンターへ連絡することになります。

当ウェブサイトで推奨している通り
「スマートフォン破損に備え、パートナーセンターの電話番号のメモを持ち歩く」
ということをされている方も多いかと思いますが、そうした時に公衆電話から
パートナーセンターへ電話をかける際、気を付けたい点がありましたのでお知らせします。
(既存のコンテンツには先ほど加筆を行いました。)

 

公衆電話の機種により、フリーダイヤルへの通話方法が違います。

公衆電話の機種によって、フリーダイヤルへの通話方法が若干異なります。
特に緑の公衆電話の場合、後で返却されますが
現金(硬貨、10円または100円)またはテレフォンカード必須です。

・緑の公衆電話からフリーダイヤルへ通話する場合

本体の色が緑の公衆電話は、一度お金を入れないと番号の入力を受け付けません。

①受話器をとり、発信音(ツー)がしていることを確認
②硬貨(10円または100円)またはテレフォンカードを入れる
③フリーダイヤルの番号を入力する

公衆電話からでも、フリーダイヤルへの通話料は無料です。
通話が終了するとお金が戻って来るので忘れないように回収してください。
テレフォンカードの場合も、フリーダイヤルへの通話の場合は度数が減りません。

・グレーの公衆電話からフリーダイヤルへ通話する場合

本体の色がグレーの公衆電話は、受話器をとって、
そのままフリーダイヤルの番号を入力すれば通話ができます。

①受話器をとり、発信音(ツー)がしていることを確認
②フリーダイヤルの番号を入力する

 

Uber Eatsパートナーセンターの電話番号はこちらのページで一覧を掲載しています。

【全国対応】Uber Eatsで配達中トラブルの連絡先(パートナーセンターの電話番号一覧)

 

情報が皆様のお役にたてば幸いです。

Uber Eatsパートナーズウェブ RYOMA

さあ!Uber Eats配達パートナーに登録しよう。

好きな時、あなたの自転車、原付バイクで配達を始めませんか。
今すぐ登録して、好きな時間に働ける環境を用意しましょう。
※紹介コード7**sx1が自動挿入されますが、消しますと今後当ウェブでの特別キャンペーン等の対象外となることがあります。消さずに登録をお願いします。